コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合併特例法

1件 の用語解説(合併特例法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

合併特例法

平成の大合併を促進するため99年に改正された。合併後10年間は、まちづくりの事業費に使う借金の7割を地方交付税手当てするなど財政優遇策が盛り込まれた。適用を受けるには05年3月までに合併を申請し、06年3月までに合併する必要があった。村の数は99年3月末の568から、06年3月末には198に減る見込み。05年4月から5年間は新しい合併特例法が適用され、人口1万人未満の小規模町村の合併推進などを目指している。

(2006-03-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合併特例法の関連キーワード町村合併東白川村浸種在任特例血液凝固促進剤酸化促進剤合併の旧法と新法群馬の平成の大合併技術移転促進法上弯 (rocker-toe)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合併特例法の関連情報