コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合弁企業[ソビエト連邦] ごうべんきぎょう[ソビエトれんぽう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合弁企業[ソビエト連邦]
ごうべんきぎょう[ソビエトれんぽう]

旧ソ連邦時代の 1987年,資本主義国との合弁企業を許可する合弁企業法が公布された。経済改革推進のために必要な西側の資本,技術,経営ノウハウを合弁企業によって得ると同時に,国際競争力のある製品の開発により外貨を獲得するのが目的だった。 90年 10月には合弁企業への課税率が引下げられ,また外国投資法によって 100%外資企業の設立も認められた。これまでのところ稼動している合弁企業の多くはサービス業など小規模のもので,巨額の投資を必要とする製造業ではまだ少ない。また,合弁企業では財政上,経営上のトラブルも多く発生している。アメリカ,ドイツとの合弁企業が最も多く,日本は大幅に出遅れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

合弁企業[ソビエト連邦]の関連キーワード国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二井上光晴ウォーホルゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣