コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合当理・合足 がったり

大辞林 第三版の解説

がったり【合当理・合足】

( 副 )
(多く「と」を伴って)
物が倒れたり落ちたりする音を表す語。 「戸が-と閉まった」
急に目に見えて勢いが衰えるさま。がっくり。 「売り上げが-(と)落ちる」
豪勢なさま。 「 -とした遊びこそ心よけれ/浮世草子・色三味線」
( 名 )
旗指物はたさしものをさす受け筒を取り付けるため、鎧よろいの背面上部に付ける枠。鉄・革などで作る。 〔「合当理」 「合足」とも書く〕 → 受筒
田などで、鳥獣をおどすのに用いる道具。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone