コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合当理・合足 がったり

大辞林 第三版の解説

がったり【合当理・合足】

( 副 )
(多く「と」を伴って)
物が倒れたり落ちたりする音を表す語。 「戸が-と閉まった」
急に目に見えて勢いが衰えるさま。がっくり。 「売り上げが-(と)落ちる」
豪勢なさま。 「 -とした遊びこそ心よけれ/浮世草子・色三味線」
( 名 )
旗指物はたさしものをさす受け筒を取り付けるため、鎧よろいの背面上部に付ける枠。鉄・革などで作る。 〔「合当理」 「合足」とも書く〕 → 受筒
田などで、鳥獣をおどすのに用いる道具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

合当理・合足の関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android