合紋・合文(読み)あいもん

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐もん あひ‥【合紋・合文】

〘名〙
① そろって同一の紋所をつけること。また、その紋所。
※狂歌・千紅万紫(1817)「聞沢村宗十郎改名観世水流溢沢村宗徒贔屓若雲屯 十千万両金箱勢 郎党合(あヒ)(もン)い字繁」
② 後の証拠や手がかりとするためのしるしや品物。
※多聞院日記‐永祿一〇年(1567)八月二九日「長賢房のこそて一・つむき一入て柳屋へ預け、札のあゐもん
③ 物事がぴったり一致すること。符合すること。
※浄瑠璃・伊賀越道中双六(1783)六「何心なき話の合紋(アヒモン)、一々胸にこたゆる十兵衛」
④ 特定の者の間だけに通用することば。また、ある特定の物を示す符号。隠語、符牒の類。
浮世草子好色一代男(1682)五「仲間であいもんの言葉をつかひ、大形(かた)ならずなぶる折ふし」
⑤ 寄席で合札(あいふだ)をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android