コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合鴨水稲同時作

1件 の用語解説(合鴨水稲同時作の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

合鴨水稲同時作

水田でアイガモも育てる意味で、古野さんが名づけた農烹雑草や虫を食べたカモが食肉になり、フンが稲の養分になる。水田でアヒル類を放し飼いする農業はアジア各地にあったが、農薬や化学肥料の普及で激減。その後、日本の農家がカモの除草効果を利用したコメの無農薬栽培を始めた。古野さんは水田をさくで囲むことで効果が高まることを実証し、ノウハウを広めている。

(2009-04-14 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合鴨水稲同時作の関連キーワードがも子育て育て間鴨フォトアイエキソティックアイガモ農法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合鴨水稲同時作の関連情報