コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井 勇 ヨシイ イサム

1件 の用語解説(吉井 勇の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

吉井 勇
ヨシイ イサム

明治〜昭和期の歌人,劇作家,小説家



生年
明治19(1886)年10月8日

没年
昭和35(1960)年11月19日

出生地
東京市芝区高輪南町(現・東京都港区)

学歴〔年〕
早稲田大学政経科中退

経歴
父は海軍軍人吉井幸蔵、祖父は維新の元勲として知られる吉井友実で、伯爵家の二男として生まれる。大学を中退して明治38年新詩社に入り、「明星」に短歌を発表したがのち脱退、耽美派の拠点となったパンの会北原白秋らと結成。また42年には石川啄木らと「スバル」を創刊したあと、第一歌集「酒ほがひ」、戯曲集「午後三時」を出版、明治末年にはスバル派詩人、劇作家として知られる。大正初期には「昨日まで」「祇園歌集」「東京紅燈集」「みれん」「祇園双紙」などの歌集を次々と出し、情痴の世界、京都祇園の風情、人生の哀歓を歌い上げ、「いのち短し恋せよ少女」の詞で知られる「ゴンドラの唄」の作詞なども手がけた。その後も短編・長編小説、随筆から「伊勢物語」等の現代語訳など多方面にわたる活動を続けた。昭和30年古希を祝って京都・白川のほとりに歌碑が建てられ、没後は“かにかくに祭”が営まれる。他の代表歌集に「鸚鵡石」「人間経」「天彦」「形影抄」があるほか、「吉井勇全集」(全8巻・補巻1 番町書房)が刊行されている。平成9年書簡や日記、原稿など約4450点が京都府に寄付された。また、同年7月寄贈品の中から谷崎潤一郎の未発表随筆が発見された。15年一時居住した高知県香北町に香北町立吉井勇記念館が開館した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉井 勇の関連情報