コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井 勇 ヨシイ イサム

20世紀日本人名事典の解説

吉井 勇
ヨシイ イサム

明治〜昭和期の歌人,劇作家,小説家



生年
明治19(1886)年10月8日

没年
昭和35(1960)年11月19日

出生地
東京市芝区高輪南町(現・東京都港区)

学歴〔年〕
早稲田大学政経科中退

経歴
父は海軍軍人の吉井幸蔵、祖父は維新の元勲として知られる吉井友実で、伯爵家の二男として生まれる。大学を中退して明治38年新詩社に入り、「明星」に短歌を発表したがのち脱退、耽美派の拠点となったパンの会北原白秋らと結成。また42年には石川啄木らと「スバル」を創刊したあと、第一歌集「酒ほがひ」、戯曲集「午後三時」を出版、明治末年にはスバル派詩人、劇作家として知られる。大正初期には「昨日まで」「祇園歌集」「東京紅燈集」「みれん」「祇園双紙」などの歌集を次々と出し、情痴の世界、京都祇園の風情、人生の哀歓を歌い上げ、「いのち短し恋せよ少女」の詞で知られる「ゴンドラの唄」の作詞なども手がけた。その後も短編・長編小説、随筆から「伊勢物語」等の現代語訳など多方面にわたる活動を続けた。昭和30年古希を祝って京都・白川のほとりに歌碑が建てられ、没後は“かにかくに祭”が営まれる。他の代表歌集に「鸚鵡石」「人間経」「天彦」「形影抄」があるほか、「吉井勇全集」(全8巻・補巻1 番町書房)が刊行されている。平成9年書簡や日記、原稿など約4450点が京都府に寄付された。また、同年7月寄贈品の中から谷崎潤一郎の未発表随筆が発見された。15年一時居住した高知県香北町に香北町立吉井勇記念館が開館した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

吉井 勇 (よしい いさむ)

生年月日:1886年10月8日
明治時代-昭和時代の歌人;劇作家;小説家
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

吉井 勇の関連キーワード高知県香美市香北町猪野々古今亭 志ん生(4代目)蝶花楼 馬楽(3代目)香美市立吉井勇記念館蝶花楼馬楽(3代)上島町岩城郷土館臼井 喜之介新ロマン主義スバル(昴)小高根 二郎都会交響楽吉井 幸蔵小寺 健吉磯田多佳女猪野沢温泉堀口大学中原綾子中野逍遥新歌舞伎自由劇場

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉井 勇の関連情報