コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉住小三郎(4代) よしずみ こさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉住小三郎(4代) よしずみ-こさぶろう

1876-1972 明治-昭和時代の長唄唄方。
明治9年12月15日生まれ。3代小三郎の義弟。のち養子となり明治23年4代を襲名。35年3代杵屋(きねや)六四郎と「長唄研精会」をつくり,演奏会用長唄の普及発展につくした。作曲にもすぐれた。昭和11年東京音楽学校教授。芸術院会員。31年人間国宝。32年文化勲章。38年慈恭(じきょう)と改名。昭和47年2月27日死去。95歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉住小三郎(4代)

没年:昭和47.2.27(1972)
生年:明治9.12.15(1876)
明治から昭和にかけての長唄唄方。東京生まれ。3代目小三郎の義弟で,のち養子となる。明治23(1890)年に4代目小三郎を襲名し,同年に歌舞伎座での「京鹿子娘道成寺」に初出勤した。しばらくは歌舞伎座で活動していたが,26年に3代目杵屋六四郎(のち2代目稀音家浄観)と共に退座した。のちにふたりが中心となって,長唄を純粋鑑賞音楽として演奏する「長唄研精会」を35年に組織。その例会などで六四郎との合作や,または小三郎自身が作曲した新曲を発表しつつ演奏活動を行った。小三郎が単独で作曲したものに「鳥羽の恋塚」や「新平家物語」の中の「君立川」などがある。昭和38(1963)年に小三郎の名を実子小太郎に譲り,自らは慈恭と名乗った。風は初代常磐津林中や荻江節の影響を受け,軽妙な節回しが特徴的であったという。32年文化勲章を受章。小三郎の名跡は,平成期まで6代を数える。<著作>『芸の心』

(長葉子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

吉住小三郎(4代)の関連キーワード稀音家 六四郎(4代目)吉住 小三郎(4代目)吉住 小三郎(5代目)吉住 小三郎(3代目)杵屋六左衛門(14世)杵屋 弥十郎(9代目)吉住 小三郎(6代目)芳村伊十郎(3世)湖出市十郎(1世)吉住小三郎(4世)松島庄五郎(初代)稀音家浄観(2代)芳村伊三郎(5世)岡安喜三郎(3代)吉住小三郎(3代)吉住小三郎(5世)吉住小三郎(6世)芳村伊十郎(3代)吉住瓢二(2代)神田祭(邦楽)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android