吉備津造り(読み)きびつづくり

大辞林 第三版の解説

きびつづくり【吉備津造り】

吉備津神社社殿の様式。内陣と内々陣の周囲に中陣および外陣をめぐらし、屋根は左右に二つずつの破風はふをもつ比翼入母屋いりもや造りとしたもの。比翼造り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android