吉岡 禅寺洞(読み)ヨシオカ ゼンジドウ

20世紀日本人名事典「吉岡 禅寺洞」の解説

吉岡 禅寺洞
ヨシオカ ゼンジドウ

明治〜昭和期の俳人



生年
明治22(1889)年7月2日

没年
昭和36(1961)年3月17日

出身地
福岡県箱崎町

本名
吉岡 善次郎

別名
旧号=禅寺童,禅寺堂

経歴
10代から「ホトトギス」に投句。大正2年25歳で「九州日報選者となり、8年「天の川創刊。俳句革新運動に参加して、無季俳句欄を設け、昭和11年「ホトトギス」を除名された。戦後は口語俳句をすすめ、33年口語俳句協会を結成した。句集に「銀漢」「新墾」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「吉岡 禅寺洞」の解説

吉岡 禅寺洞 (よしおか ぜんじどう)

生年月日:1889年7月2日
明治時代-昭和時代の俳人
1961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android