吉村 伊助(読み)ヨシムラ イスケ

20世紀日本人名事典の解説

吉村 伊助
ヨシムラ イスケ

明治〜昭和期の実業家 衆院議員(政友会)。



生年
明治6年1月(1873年)

没年
昭和3(1928)年3月15日

出生地
兵庫県城崎郡日高町

学歴〔年〕
東京商業(現・一橋大学)卒

経歴
先代・吉村伊助の養子で、前名を勝太郎。明治37年京都府峰山町議を経て、40年〜大正5年峰山町長を4期務め、12年京都府議・議長となる。13年から衆院議員(政友会)に当選2回。一方、縮緬製造業を営み、丹後縮緬の発展に尽力。丹後縮緬同業組合連合会長、丹後商工銀行専務、丹後織物社長のほか、三丹電気、備中電気、北本電気、丹後商品取引、丹後製錬食倉庫などの各社長を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android