吉村 信吉(読み)ヨシムラ シンキチ

20世紀日本人名事典の解説

吉村 信吉
ヨシムラ シンキチ

昭和期の気象技師,湖沼学者 中央気象台海洋課陸水掛長。



生年
明治40(1907)年8月21日

没年
昭和22(1947)年1月21日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部地理学科〔昭和5年〕卒

学位〔年〕
理学博士

経歴
東京帝大、九州帝大講師、陸軍予科士官学校教授を経て、昭和20年中央気象台海洋課陸水掛長。田中阿歌麿が創設した日本湖沼学研究を受け継ぎ、全国各地の湖沼を踏査、湖水の化学成分と湖沼標式の関係を発展させ、日本の湖沼学を世界的水準にまで高めた。湖水の溶存酵素量に関する論文を多く発表、また武蔵野台地の地下水の研究を進め、その分布状態を明らかにし、自然地理学的な地下水研究の新分野を開拓した。中央気象台海洋課在職中の22年、結氷した諏訪湖で観測中、殉職。著書に「湖沼学」「地下水」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

吉村 信吉 (よしむら しんきち)

生年月日:1907年8月21日
昭和時代の湖沼学者。中央気象台海洋課技官
1947年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉村 信吉の関連情報