コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉沢検校(2代) よしざわけんぎょう

2件 の用語解説(吉沢検校(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉沢検校(2代) よしざわけんぎょう

1808-1872 江戸後期-明治時代の箏曲(そうきょく)家。
文化5年10月2日生まれ。父の初代吉沢検校に師事し,天保(てんぽう)5年検校となる。中村検校らに箏曲,地歌,胡弓,平曲をまなぶ。国学,雅楽,和歌にも通じ,光崎検校に私淑。「古今和歌集」の和歌を歌詞とした新形式の箏組歌(ことくみうた)「古今組」を作曲した。明治5年5月19日/9月19日死去。65歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名ははじめ花の一,のち審一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉沢検校(2代)

没年:明治5.5.19(1872.6.24)
生年:文化5.10.2(1808.11.19)
幕末に活躍した箏曲家。父は初代吉沢検校(尾張国海部郡日置村明通寺住職北条義照の子とされる)。初名は古川花の一。天保5(1834)年父を師として検校になり,父の没後吉沢審一と改名。平曲,地歌箏曲,胡弓のほか,雅楽を浄心寺住職羽塚秋楽に,国学と和歌を島津神社神官氷室長翁に学び,秦松州,奥田亮斎から漢学も修得。嘉永5(1852)年尾張盲人支配頭となり,毎年藩主祖祭に平曲を献奏。光崎検校に私淑し,その路線を推進した。『古今集』『新古今集』の和歌をそのまま歌詞とし,古今調子,半楽調子,想夫恋調子など新調弦を用いた新形式の箏組歌,古今組(「春の曲」「夏の曲」「秋の曲」「冬の曲」「千鳥の曲」,ただし「千鳥の曲」の後歌のみ『金葉集』による),古今新組(「山桜」「唐衣」「初瀬川」「新雪月花」)を作曲した。ほかに「玉くしげ」「深山木」や,胡弓入りの「蝉の曲」がある。小松景和をはじめとする箏曲界の重要人物を100人以上育成した。享和1(1801)年10月2日生まれ,明治5(1872)年9月19日没という説もある。<参考文献>平野健次監修・解説レコードアルバム『箏曲地歌大系』

(久保田敏子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉沢検校(2代)の関連キーワード古今組千鳥の曲吉沢検校松阪春栄秋の曲夏の曲小松景和千代田検校中川検校(初代)吉沢検校(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone