吉田 寸草(読み)ヨシダ スンソウ

20世紀日本人名事典「吉田 寸草」の解説

吉田 寸草
ヨシダ スンソウ

大正・昭和期の俳人,漢文学者 岡山大学講師。



生年
明治15(1882)年1月30日

没年
昭和40(1965)年3月28日

出生地
岡山県上道郡政津村(現・岡山市)

本名
吉田 貞一

別名
別号=寸草亭丁乙

学歴〔年〕
東京帝国大学卒

経歴
明治42年に第六高等学校講師となり、次いで大正8年同教授に就任。この間、同校の教官で組織された俳句会「六六会」に入り、俳人・国文学者の志田素琴に指導を受けたほか、大須賀乙字にも学んだ。はじめは俳句雑誌「懸葵」に属したが、のち素琴が創刊した「東炎」に移り、その主要同人として活躍。また西村燕々の「唐辛子」では課題句選を担当した。戦後は岡山大学で講師をしながら句作を続け、内藤吐天が主宰する「早蕨」に拠ったほか、「光芒」などの選者を務めた。句集に「東薇」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android