コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼倶・吉田兼俱 よしだかねとも

大辞林 第三版の解説

よしだかねとも【吉田兼倶・吉田兼俱】

1435~1511) 室町時代の神道家。本姓は卜部うらべ。吉田神社の神職。本地垂迹説に対して神主仏従説を唱え、陰陽五行説などを加えて吉田神道を大成。伊勢神宮から攻撃されたが、朝廷・幕府に取り入り、地方の神社に神位、神職に位階を授ける権限を獲得した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吉田兼倶・吉田兼俱の関連キーワード本地垂迹説吉田神道伊勢神宮室町時代朝廷大成神位本姓位階神職

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android