コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼熙 よしだかねひろ

世界大百科事典 第2版の解説

よしだかねひろ【吉田兼熙】

1348‐1402(正平3∥貞和4‐応永9)
南北朝時代の公家,神道家。神祇大副,侍従,正三位。父は卜部兼豊(うらべかねとよ),父祖累代世襲の吉田神社祠官の職を継いだが,1375年(天授1∥永和1)卜部宿禰姓を改めて卜部朝臣姓を賜り,86年(元中3∥至徳3)従三位に叙せられて父祖の位階を越えて初めて公卿に列せられるなど,一家の地位を高め,神道吉田家の基礎を築いた。吉田という家名も兼熙が1378年もとの家名の室町を改めて初めて称したものといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の吉田兼熙の言及

【卜部氏】より

…また兼国の系統からは後に卜部姓の藤井家が分立した。吉田兼熙(かねひろ)【井上 辰雄】。…

※「吉田兼熙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田兼熙の関連キーワード建文帝アンカラの戦バヤジト[1世]建文帝建文帝バヤジッド1世ビスコンチ建文帝ティームール難太平記

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android