コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田才治(初代) よしだ さいじ

1件 の用語解説(吉田才治(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田才治(初代) よしだ-さいじ

?-1809 江戸時代中期-後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
初代吉田文三郎の門下。大坂竹本座で好評を博し,京都,江戸で活躍後,明和元年大坂にかえり竹本座の重鎮となる。座頭(ざがしら)をつとめ,立役(たちやく),女方,敵役をかねた名人といわれ,初代吉田冠蔵とならび称された。文化6年死去。大坂出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田才治(初代)の関連キーワード大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]ガラパゴス諸島点字おがみ山バイパス事業本殿と遷宮知多四国上田秋成

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone