コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田才治(4代) よしだ さいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田才治(4代) よしだ-さいじ

?-? 江戸後期-明治時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
2代吉田新吾の門弟。2代虎造,才吉を名のり,のち江戸にでて立者(たてもの)となる。明治のはじめ4代才治を襲名,5代西川伊三郎とならび称された。12年大阪にかえり初代吉田玉造と両大関と称され,稲荷彦六座の座頭(ざがしら)をつとめ,紋下(もんした)となる。明治24-25年ごろ死亡したとされる。本名は小倉大四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone