コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(2世) よしだぶんざぶろうにせい

1件 の用語解説(吉田文三郎(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田文三郎(2世)
よしだぶんざぶろうにせい

[生]享保17(1732)
[没]寛政2(1790)
人形遣い。1世吉田文三郎の子。八太郎,文吾,三郎兵衛を経て,宝暦 11 (1761) 年2世を襲名。宝暦~天明年間 (51~89) に竹本座その他で活躍。また作者としても父の名吉田冠子を継ぎ,明和5 (1768) ~同7年には,江戸肥前座で玉泉堂と新作を上演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田文三郎(2世)の関連キーワード凸巌養益山科別院阿蘇惟典安藤定寿井伊直陽川枝豊信平古寿根岸涼宇保科正富松田拙斎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone