コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(2世) よしだぶんざぶろう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田文三郎(2世)
よしだぶんざぶろう[にせい]

[生]享保17(1732)
[没]寛政2(1790)
人形遣い。1世吉田文三郎の子。八太郎,文吾,三郎兵衛を経て,宝暦 11 (1761) 年2世を襲名。宝暦~天明年間 (51~89) に竹本座その他で活躍。また作者としても父の名吉田冠子を継ぎ,明和5 (1768) ~同7年には,江戸肥前座で玉泉堂と新作を上演。外記座では福内鬼外の『神霊矢口渡』の作を助けたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

吉田文三郎(2世)の関連キーワード山科別院筒井村作兵衛若林強斎ワシントン山科別院山科本願寺手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果アークライト荒木田麗女