コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(3代) よしだ ぶんざぶろう

1件 の用語解説(吉田文三郎(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田文三郎(3代) よしだ-ぶんざぶろう

?-1829 江戸時代中期-後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
2代吉田文三郎の門弟。安永8年大坂竹本座で初舞台,文化3年人形座頭(ざがしら)となる。文政4年3代を襲名。芸域がひろく,早変わりなどにすぐれ,名手といわれた。文政12年1月7日死去。大坂出身。前名は初代吉田千四。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田文三郎(3代)の関連キーワード笹尾八兵衛田中小八藤井小三郎(初代)藤井小三郎(2代)山本伊平次吉田冠二(2代)吉田才治(初代)吉田才治(3代)吉田辰五郎(初代)吉田文吾(4代)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone