吉田文三郎(3代)(読み)よしだ ぶんざぶろう

  • 吉田文三郎(3代) よしだ-ぶんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1829 江戸時代中期-後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
2代吉田文三郎の門弟。安永8年大坂竹本座で初舞台,文化3年人形座頭(ざがしら)となる。文政4年3代を襲名芸域がひろく,早変わりなどにすぐれ,名手といわれた。文政12年1月7日死去。大坂出身。前名は初代吉田千四。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android