コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田松陰(1830~59)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉田松陰(1830~59)

長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄死罪となった。辞世の句として、弟子にあてた「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」と、家族あての「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」が有名。

(2014-01-24 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

吉田松陰(1830~59)の関連キーワード静岡県下田市蓮台寺山口県萩市椿東日本橋小伝馬町世に棲む日日益田右衛門介佐久間象山玉木文之進杉百合之助柿崎弁天島品川弥二郎村田 滝子前原一誠渡辺蒿蔵久坂玄瑞中村九郎森田節斎玖村敏雄宮部鼎蔵日柳燕石松陰神社

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android