コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田松陰(1830~59)

1件 の用語解説(吉田松陰(1830~59)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉田松陰(1830~59)

長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作伊藤博文山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。辞世の句として、弟子にあてた「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」と、家族あての「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」が有名。

(2014-01-24 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田松陰(1830~59)の関連キーワード奇兵隊サスペリアミステリーペリエライムペリエレモンペリカンクリーミィソープペリー公園第一次長州征伐下田沖の遊漁船転覆事故静岡県下田市三丁目吉川経幹周旋記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone