吉田松陰(1830~59)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉田松陰(1830~59)

長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄死罪となった。辞世の句として、弟子にあてた「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」と、家族あての「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」が有名。

(2014-01-24 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田松陰(1830~59)の関連情報