コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田玉五郎(2代) よしだ たまごろう

1件 の用語解説(吉田玉五郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田玉五郎(2代) よしだ-たまごろう

1910-1996 大正-平成時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
明治43年7月23日生まれ。大正14年2代吉田簑助(のちの2代桐竹紋十郎)に入門。2代吉田小文,桐竹紋三郎をへて昭和2年桐竹紋司を名のる。24年3代吉田文五郎の門下となり,26年2代玉五郎を襲名。得意は「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の雛鳥など。重要無形文化財(総合指定)保持者。平成8年5月13日死去。85歳。徳島県出身。本名は山下政市。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田玉五郎(2代)の関連キーワード新聞小説運転注意力モニタ MDAS実験工房アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画地球温暖化夫婦別姓恐怖映画松本幸四郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone