コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田蔵沢

1件 の用語解説(吉田蔵沢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田蔵沢

江戸後期の伊予松山藩士・画家。名は良香、通称は弥三郎のち久太夫、号は酔桃館・白雲堂等。風早・野間郡代官、持筒頭、者頭役等を勤め、治績があった。少時より画を好み、特に墨竹画を能くし、また詩歌俳諧、鉄筆製陶等も能くした。享和2年(1802)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田蔵沢の関連キーワード高橋波藍渡辺松臺近藤南州松山松山城伊予節十河親盈高田亘久松定昭丸山南海

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone