吉田藩(三河国)(読み)よしだはん

  • 三河国
  • 吉田藩

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三河国渥美(あつみ)郡吉田(愛知県豊橋(とよはし)市)に藩庁を置いた譜代(ふだい)藩。関ヶ原役後、吉田城主池田輝政(てるまさ)が姫路に移ると、1601年(慶長6)松平(竹谷(たけのや))家清(いえきよ)が入封し3万石を領して当藩が成立する。1612年子忠清(ただきよ)は嗣子(しし)なく絶家となる。以後は松平(深溝(ふこうず))忠利(ただとし)・忠房(ただふさ)(~1632。3万石)、水野忠清(~1642。4万石~4万5000石)、水野忠善(ただよし)(~1645。4万5000石)、小笠原忠知(おがさわらただとも)・長矩(ながのり)・長祐(ながすけ)・長重(ながしげ)(~1697。4万5000石~4万石)、久世重之(くぜしげゆき)(~1705。5万石)、牧野成春(なりはる)・成央(なりなか)(~1712。8万石)、松平(長沢・大河内(おおこうち))信祝(のぶとき)(~1729。7万石)、本庄資訓(ほんじょうすけのり)(~1749。7万石)を経て、1749年(寛延2)松平(長沢・大河内)氏の信復(のぶなお)が再度封ぜられるに及んで藩主家は定着する。以来、信礼(のぶうや)、信明(のぶあきら)(老中首座)、信順(のぶより)(老中)、信宝(のぶたか)、信璋(のぶあき)、信古(のぶひさ)(大坂城代)と7代約120年にわたって在封した。信復の家系は「知恵伊豆」松平信綱に連なるものである。後期松平(長沢・大河内)の石高(こくだか)は表高7万石であったが、実高は9万石に達するともいわれた。

 吉田は三河・遠江国境の城であり、また東海道や姫街道の分岐・合流点近くにあったから、その政治的地位は高く、また新居(あらい)関は吉田藩のもっぱら管するところでもあった。1868年(慶応4)駿府(すんぷ)藩の成立により、遠江国2郡内の領地は上総(かずさ)国に移された。69年(明治2)豊橋藩と改称、71年廃藩となり、豊橋県、額田(ぬかた)県を経て愛知県に編入された。

[若林淳之]

『『豊橋市史』全8巻(1972~86・豊橋市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android