コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良上野介(1641~1702)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉良上野介(1641~1702)

江戸幕府で位の高い高家の世話をする高家肝煎(きもいり)の要職にあった。「松の廊下」事件で切腹した浅野内匠頭の家老ら赤穂浪士の討ち入りにあう元禄赤穂事件を題材にした「忠臣蔵」では敵役領地の旧吉良町では、黄金堤を築き新田を開発した名君と伝わる。赤馬に乗り領民と交流した伝説も残るが、領地を訪れたことはほとんどなかったという説もある。東京の萬昌院功運寺と旧吉良町の華蔵(けぞう)寺に墓がある。

(2011-11-21 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

吉良上野介(1641~1702)の関連キーワード浅野長矩墓および赤穂義士墓松之廊下刃傷事件仮名手本忠臣蔵富森助右衛門元禄忠臣蔵潮田又之丞合いことば堀部弥兵衛栗崎道喜塩谷判官上杉綱憲山田宗徧三桝 豊赤穂義士江戸幕府大石良雄東条城源氏巻義士伝高師直

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android