コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良上野介(1641~1702)

1件 の用語解説(吉良上野介(1641~1702)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉良上野介(1641~1702)

江戸幕府で位の高い高家の世話をする高家肝煎(きもいり)の要職にあった。「松の廊下」事件で切腹した浅野内匠頭の家老ら赤穂浪士の討ち入りにあう元禄赤穂事件を題材にした「忠臣蔵」では敵役。領地の旧吉良町では、黄金堤を築き新田を開発した名君と伝わる。赤馬に乗り領民と交流した伝説も残るが、領地を訪れたことはほとんどなかったという説もある。東京の萬昌院功運寺と旧吉良町の華蔵(けぞう)寺に墓がある。

(2011-11-21 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉良上野介(1641~1702)の関連キーワード横瀬貞臣高家表高家高家肝煎世話を焼く牧童肝煎り高家がまし高家立つ高家張る

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone