コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野林業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉野林業

主に川上、東吉野、黒滝の3村でなされる林業。明治発行の「吉野林業全書」によると、川上村で造林業が始まったのは室町時代大坂城伏見城が築かれた豊臣秀吉の時代に盛んになった。通常の植林の約5倍の数の苗木を植える極端な密植と10年単位で繰り返す間伐が特徴。100~150年かけてまっすぐな大木を育てる。高級材と認知され、建築資材や酒樽(さかだる)の材料として使われてきた。

(2016-02-13 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

吉野林業の関連キーワード川上(村)(奈良県)奈良県立民俗博物館山幸彦のもくもく館吉野(奈良県)小野宗左衛門東吉野(村)石橋 信夫森 庄一郎土倉庄三郎奈良(県)石橋信夫森庄一郎人工林飯高山守

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉野林業の関連情報