コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野林業

1件 の用語解説(吉野林業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉野林業

主に川上、東吉野、黒滝の3村でなされる林業。明治発行の「吉野林業全書」によると、川上村で造林業が始まったのは室町時代。大坂城や伏見城が築かれた豊臣秀吉の時代に盛んになった。通常の植林の約5倍の数の苗木を植える極端な密植と10年単位で繰り返す間伐が特徴。100~150年かけてまっすぐな大木を育てる。高級材と認知され、建築資材や酒樽(さかだる)の材料として使われてきた。

(2016-02-13 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉野林業の関連情報