コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野林業

1件 の用語解説(吉野林業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉野林業

主に川上、東吉野、黒滝の3村でなされる林業。明治発行の「吉野林業全書」によると、川上村で造林業が始まったのは室町時代。大坂城や伏見城が築かれた豊臣秀吉の時代に盛んになった。通常の植林の約5倍の数の苗木を植える極端な密植と10年単位で繰り返す間伐が特徴。100~150年かけてまっすぐな大木を育てる。高級材と認知され、建築資材や酒樽(さかだる)の材料として使われてきた。

(2016-02-13 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉野林業の関連情報