吊・釣(読み)つるし

精選版 日本国語大辞典「吊・釣」の解説

つるし【吊・釣】

〘名〙 (動詞「つるす(吊)」の連用形の名詞化)
① つるすこと。ぶらさげること。
や大根などをつるして干したもの。特に、つるし柿
※俳諧・鼻紙袋(1677)九月「柿〈略〉つる柿(し)
※法曹後鑑‐牢問致方之事(1773)(古事類苑・法律六〇)「右体に仕候而も相陳候得ば、伺之上拷問仕候、拷問は後ろ手に縛り釣しに懸申候」
店先につるして売られている古着、または既製服。つるしんぼう。くびつり。
※流行うらがえ史(1965)〈うらべまこと〉一三「こういう仕組みで作る既製服だから、そんじょそこらのツルシとはわけが違うことを」

つる・す【吊・釣】

〘他サ五(四)〙 ひもなどで一端を上の方の物に掛け下へ垂らす。つりさげる。ぶらさげる。つる。
※三議一統大双紙(15C前)歩射門「産屋のは白へりなり、それをつるして矢所とす」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「衣紋竹に釣るした袷衣(あはせ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android