吊責・釣責(読み)つるしぜめ

精選版 日本国語大辞典「吊責・釣責」の解説

つるし‐ぜめ【吊責・釣責】

〘名〙 江戸時代の拷問。両手をうしろで縛り、そのひもで(はり)からつる。牢屋敷内の拷問蔵で行なわれた。拷問には軽い順から笞打(むちうち)、石抱(いしだき)海老責(えびぜめ)、吊の四種があり、このうち前三者を牢問(ろうもん)というのに対し、これだけを拷問と呼んだ。つるし。つりぜめ。
※歌舞伎・芽出柳緑翠松前(1883)五幕「下手の柱に(ツル)し責(ゼメ)の釻取付けあること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android