吊責・釣責(読み)つるしぜめ

精選版 日本国語大辞典「吊責・釣責」の解説

つるし‐ぜめ【吊責・釣責】

〘名〙 江戸時代の拷問。両手をうしろで縛り、そのひもで梁(はり)からつる。牢屋敷内の拷問蔵で行なわれた。拷問には軽い順から笞打(むちうち)、石抱(いしだき)、海老責(えびぜめ)、吊責の四種があり、このうち前三者を牢問(ろうもん)というのに対し、これだけを拷問と呼んだ。つるし。つりぜめ。
※歌舞伎・芽出柳緑翠松前(1883)五幕「下手の柱に釣(ツル)し責(ゼメ)の釻取付けあること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android