同性婚と法制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

同性婚と法制度

日本では同性カップルの婚姻が法的に認められておらず、税の配偶者控除を受ける▽相続権や財産分与請求権を得る▽国民年金の第3号被保険者や遺族年金の受給者になる――などの行政サービスを受けるのは難しい。共有名義で住宅ローンを組んだり、生命保険金の受取人になったりするのは各社の方針によるが、認められにくいのが現状だ。このため、養子縁組で法律上の「親子」になったり、2人の約束を公正証書に残したりして法的な備えをする同性カップルが少なくない。 渋谷区の新制度では互いに後見人になる任意後見人契約や、共同生活に関する合意契約を結んだ区内在住の同性カップルに「パートナーシップ証明書」を発行する。区民や区内の事業者に対し、法的な婚姻関係の夫婦と同じように対応するよう求め、違反した事業者名を公表できる。

(2015-04-09 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android