同種粒子交換対称性

素粒子事典の解説

同種粒子交換対称性

複数の粒子からなる系において、同じ種類の粒子が2個以上あり、それらのうちの2個を互いに交換した場合の波動関数符号の変化の有無には制限がついている。スピンが半整数の粒子(フェルミオン)は、符号が変化しないということは許されない。つまり、同種の複数のフェルミオンは、全く同じ状態にはいることはできない。これが、「パウリの排他則」である。これに対して、スピンが整数の粒子(ボゾン)は、逆に、ちょうど符号が逆になるということは許されない。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android