コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同種粒子 どうしゅりゅうし

大辞林 第三版の解説

どうしゅりゅうし【同種粒子】

質量、スピンの大きさ、電荷など、一粒子の属性とみなせる量がすべて等しい粒子。本質的に互いに区別できず、古典統計と異なる量子統計に従う。 → 量子統計力学

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同種粒子の関連キーワードボース‐アインシュタイン統計フェルミ‐ディラック統計フェルミガスモデルボルツマン統計フェルミレベル量子統計力学アボガドロモット散乱

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android