コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋刑務所の革手錠事件

1件 の用語解説(名古屋刑務所の革手錠事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋刑務所の革手錠事件

起訴状によると、前田、小沢、佐藤の3被告は02年5月27日午前10時14分ごろ、刑務所の保護房で、懲らしめを目的に男性受刑者(当時49)の腹を革手錠のベルトで強く締めた後、同11時45分〜正午ごろ、さらに強く締めるなど暴行。腸管膜損傷などを負わせ、午後8時半ごろ外傷性ショックで死亡させたとされる。さらに前田、小沢、渡辺、池田の4被告は別の副看守長=有罪確定=と共謀。別の男性受刑者(34)が反抗的だとして懲らしめを目的に、同年9月25日午前8時15分〜9時45分ごろ、保護房で腹に革手錠のベルトを巻いて締めるなどの暴行を加え、外傷性腸管膜損傷などの重傷を負わせたとされる。

(2007-03-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋刑務所の革手錠事件の関連キーワード起訴状訴因起訴状一本主義罪状認否重訴状陳状被告人海底地震計売却事件即決裁判の審理民生委員による強盗殺人事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone