コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋南部公害

1件 の用語解説(名古屋南部公害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋南部公害

高度成長期に、名古屋市南区や港区を中心に鉄鋼コンビナートとして、工場や道路網が発達し、ぜんそくなど公害病被害が広がった。患者や遺族らが国と企業10社を相手取った名古屋南部大気汚染公害訴訟では、損害賠償や国道23号の車線減少などが認められ、企業も謝罪し、2001年に和解した。

(2010-10-22 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone