コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市の地下街

1件 の用語解説(名古屋市の地下街の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋市の地下街

国土交通省の調べでは、各都市の地下街総面積は東京23区が22万6千平方メートルで最も広く、名古屋市は17万2千平方メートルで大阪市に次いで第3位。ただし、市民1人当たりの地下街の面積は名古屋市が78平方センチで、東京23区の2・8倍、大阪市の1・2倍で全国一という。

(2006-05-03 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋市の地下街の関連キーワード運輸省地下街海難審判所国土交通省国交省MOC国土交通大臣国土交通大臣免許国土交通省航空・鉄道事故調査委員会大工と木造住宅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone