コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後

1件 の用語解説(名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後

河村市長は昨春、過去最多得票の51万票余で初当選。市議会は昨年いったん減税実施を認めたが、今年度予算案に保育料の一部値上げなどが盛り込まれたため「市民サービスが低下する」と抵抗。2月議会で減税を「1年限り」に修正し、市長との対立が深まった。有権者は約180万人で、市議会解散のリコールに必要な署名は約36万6千人分。9月27日までの署名期間中に集まれば、市長は、解散の是非を問う住民投票→解散が決まれば自らも市長を辞職→来年2月の予定の愛知県知事選に合わせ、出直し市議選、市長選を行う「トリプル選挙」を目指している。

(2010-09-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone