コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後

1件 の用語解説(名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後

河村市長は昨春、過去最多得票の51万票余で初当選。市議会は昨年いったん減税実施を認めたが、今年度予算案に保育料の一部値上げなどが盛り込まれたため「市民サービスが低下する」と抵抗。2月議会で減税を「1年限り」に修正し、市長との対立が深まった。有権者は約180万人で、市議会解散のリコールに必要な署名は約36万6千人分。9月27日までの署名期間中に集まれば、市長は、解散の是非を問う住民投票→解散が決まれば自らも市長を辞職→来年2月の予定の愛知県知事選に合わせ、出直し市議選、市長選を行う「トリプル選挙」を目指している。

(2010-09-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋市の減税をめぐる対立とリコール活動の今後の関連キーワード最多昨春得票平和市長会議シンガポールの選挙制度名古屋市のリコール問題日本弁護士連合会の会長選民主党代表選民主党代表選の仕組み民主党代表選のしくみ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone