コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市土地開発公社

1件 の用語解説(名古屋市土地開発公社の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋市土地開発公社

名古屋市が全額出資する特別法人として1973年4月に設立された。将来の公共事業に備え、法律に基づいて公共用地や公用地の取得、管理、処分を行う。公社の保有高(11年度末見込み)は、土地が計約47ヘクタール、簿価総額は計約628億円。

(2012-04-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋市土地開発公社の関連キーワード名古屋市名古屋工業大学名古屋市立大学北名古屋市事業団地方三公社名古屋テレビ塔名古屋港管理組合名古屋市の地下街名古屋食肉市場(名食)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone