コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市役所本庁舎

1件 の用語解説(名古屋市役所本庁舎の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋市役所本庁舎

昭和天皇即位の記念事業として1933(昭和8)年に完成。鉄筋コンクリート造りで、屋上時計塔の先端に腹合わせになった4匹のシャチを載せた「四方にらみ」の屋根瓦がある。正面玄関と階段に大理石が使われ、本庁舎全体が国の登録有形文化財。市は現在、同じ帝冠様式の愛知県本庁舎と共に、国の重要文化財への指定をめざしている。

(2012-03-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋市役所本庁舎の関連キーワード即位元年皇紀国営公園斎皇女国営昭和記念公園平城遷都1300年記念事業九条道実小林正次藤原古子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋市役所本庁舎の関連情報