コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市議の年間報酬

1件 の用語解説(名古屋市議の年間報酬の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋市議の年間報酬

現時点では、月50万円と期末手当200万円で計800万円。河村市長が、初当選した2009年当時の自身の年齢、60歳の「日本の平均年収」に合わせた。署名運動を主導したリコールによる議会解散を経て「当分の間」半減する条例が11年4月成立。河村市長は今年4月に3選され、公約した半減「恒久化」に踏み込もうと9月議会に条例案を出したが、自民、公明、民主などの反対で否決された。年約2600万円だった市長給与も09年に800万円に下げている。

(2013-11-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋市議の年間報酬の関連キーワード一時金議員歳費期末手当現時現時点医学部議員報酬と政務調査費宇多津町長の無報酬問題重度心身障がい者福祉手当年末手当

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋市議の年間報酬の関連情報