コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋空港とFDA

1件 の用語解説(名古屋空港とFDAの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋空港とFDA

名古屋―花巻便は日本航空(JAL)が2005年まで運航していたが、同年の中部空港開港に伴い、中部便に移行。昨年5月に中部―花巻便が廃止となり、愛知県内から花巻への空路は途絶えていた。今回、花巻便を就航させた「フジドリームエアラインズ」(FDA)は、総合物流会社の鈴与(静岡市)が出資して08年6月に設立。静岡空港を拠点に小型機で地方都市間を結び、現在10便を運航している。名古屋空港発着の便は花巻のほか、福岡、熊本便があり、青森便も7月以降に開設予定だ。花巻便は6月11日まで土日、同16日からは木土日に各1往復運航される。

(2011-05-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋空港とFDAの関連キーワード名古屋帯日本航空名古屋扇県営名古屋空港中部空港と県営名古屋空港の定期路線一元化問題日本航空の経営統合子会社エアラインPEX航空券

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone