コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋空襲

1件 の用語解説(名古屋空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋空襲

名古屋市内への空襲が本格化したのは1944年の12月。45年3月の12、19、24日は市街地が集中的に攻撃され、3日間で2900人以上が死亡したとされる。名古屋城を焼失させた5月14日を含め、終戦までに約2600機の米軍爆撃機の飛来があり、60回ほど空襲があったといわれる。死者数は7800人以上、被害戸数は13万5千戸以上とされる。

(2015-03-10 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋空襲の関連キーワード名古屋市名古屋市立大学愛知県名古屋市西区上名古屋愛知県北名古屋市熊之庄愛知県名古屋市東区白壁愛知県名古屋市中区錦愛知県名古屋市東区東桜愛知県名古屋市中区本丸愛知県名古屋市瑞穂区愛知県名古屋市港区港町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋空襲の関連情報