コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和三幹竹

美術人名辞典の解説

名和三幹竹

俳人・僧侶。山形県谷地町生。本名香宝。東本願寺内事局出仕として大谷句仏法主に仕えたが、戦時中に郷里の安楽寺に戻る。俳句は『黎明』吟社、碧梧桐選の『日本』俳壇井泉水の『層雲』に拠ったが、のち大須賀乙字に師事し『アカネ』に出句する。『銀嶺』を創刊主宰。斉藤茂吉文化賞受賞。句集に『三幹竹句集』がある。昭和50年(1975)寂、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

名和三幹竹の関連キーワード粟津 水棹乙字句集松田月嶺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android