コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名栗[村] なぐり

1件 の用語解説(名栗[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なぐり【名栗[村]】

埼玉県南部,入間郡の村。人口2743(1995)。秩父山地を東流して入間川に注ぐ名栗川の上流域を占める。飯能市の西に接し,南は東京都青梅(おうめ)市である。杉,ヒノキの生産は江戸時代から盛んで,西川材の名で知られる。現在でも人工造林率が高い。クリを多く産し,茶もつくられている。1980年代まで人口減少が続き,過疎地域の指定も受けたが,80年代半ば以降,増加に転じている。村域は奥武蔵県立自然公園に属し,正丸峠伊豆半島まで展望できる伊豆ヶ岳(851m)や名栗渓谷,名栗鉱泉(放射能泉,15℃),鳥居観音などがあって東京郊外の行楽地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名栗[村]の関連キーワード入間川富士見埼玉医科大学入間嘉平次平志木新座所沢和光福田久松

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone