コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名物裂・名物切 めいぶつぎれ

大辞林 第三版の解説

めいぶつぎれ【名物裂・名物切】

鎌倉時代から江戸中期にかけて渡来し、茶器などの袋や出し帛紗ふくさとして珍重されて、特定の名で呼ばれるきれ。主として中国の宋・元・明・清代の絹織物で、南蛮渡来の木綿織物なども含まれる。金襴・緞子どんす・間道かんとう・錦・唐桟とうざん・更紗サラサなど。輸入の時代によって、古渡り・中渡り・今渡りなどに分ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名物裂・名物切の関連キーワード鎌倉時代木綿織物今渡り絹織物古渡り中渡り金襴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android