コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名田庄[村] なたしょう

世界大百科事典 第2版の解説

なたしょう【名田庄[村]】

福井県南西端,遠敷(おにゆう)郡の村。人口3103(1995)。南川の上流域を占め,京都府と滋賀県に隣接する。古くから開けた地で,村名は平安時代に設けられた名田荘(なたのしよう)にちなむ。山林が村域の大部分を占めるため林業が盛んで,月に1回木材市場が開かれる。シャクナゲの原生林,野鹿の滝などがある。国道162号線が通じる。【上田 雅子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の名田庄[村]の言及

【名田荘】より

…若狭国遠敷(おにゆう)郡の荘園。現福井県遠敷郡名田庄村と小浜市中名田,口名田の地域にあった。平安末期に盛信入道の所領であった名田郷が前身。…

※「名田庄[村]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android