名監督、退団(読み)めいかんとくたいだん

知恵蔵の解説

2006-07のリーガ・エスパニョーラ(スペイン)で優勝したレアル・マドリードは、ファビオ・カペッロ監督の更迭を発表した。優勝監督の契約打ち切りは異例だが、クラブの目指す攻撃的サッカーとカペッロ監督の勝利至上主義が相いれなかったことが原因とされている。後任にはベルント・シュスター監督が就任した。一方、プレミアリーグでは開幕まもなくジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーから退団した。モウリーニョ監督はプレミアリーグ(イングランド)連覇をもたらすなど、チェルシーの全盛期を築いたが、オーナーのロマン・アブラモビッチとの対立から退団に至った。アブラモビッチも「もっと攻撃的なプレー」を望んでいたが、オーナーのお気に入りである選手(アンドリー・シェフチェンコ)の起用法が気に入らなかったから、ともいわれている。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android