コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名監督、退団 めいかんとくたいだん

知恵蔵の解説

名監督、退団

2006-07のリーガ・エスパニョーラ(スペイン)で優勝したレアル・マドリードは、ファビオ・カペッロ監督の更迭を発表した。優勝監督の契約打ち切りは異例だが、クラブの目指す攻撃的サッカーとカペッロ監督の勝利至上主義が相いれなかったことが原因とされている。後任にはベルント・シュスター監督が就任した。一方、プレミアリーグでは開幕まもなくジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーから退団した。モウリーニョ監督はプレミアリーグ(イングランド)連覇をもたらすなど、チェルシーの全盛期を築いたが、オーナーのロマン・アブラモビッチとの対立から退団に至った。アブラモビッチも「もっと攻撃的なプレー」を望んでいたが、オーナーのお気に入りである選手(アンドリー・シェフチェンコ)の起用法が気に入らなかったから、ともいわれている。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

名監督、退団の関連キーワード[各個指定]芸能部門意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android