コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名神高速多重衝突事故

1件 の用語解説(名神高速多重衝突事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名神高速多重衝突事故

昨年11月13日午前5時ごろ、彦根市小野町の名神高速道路下り線で、ブラジル人男性7人が乗っていたワゴン車と、熊本県玉東町、清田等被告(53)=業務上過失致死罪で公判中=運転の大型トラックが衝突。後続の草津市木川町、松崎雄大被告(40)=同致死傷罪で禁固4年求刑=運転の大型トラックも衝突し、ワゴン車の7人が死亡した。2人を死なせたとされる清田被告については、大津地裁で争点を整理する期日間整理手続き中。5人を死亡させたとされる松崎被告に対しては、来年1月26日に判決が言い渡される。

(2006-11-14 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名神高速多重衝突事故の関連キーワード彦根市限りの太鼓六つ五五八八東北空襲飯塚2女児殺害事件福岡県の女性3人連続殺害事件佐賀空襲大山口列車空襲

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone