名阿仏定

美術人名辞典の解説

名阿仏定

浄土宗の僧。法然院二十五世、安芸生。心蓮社念誉名阿一専と号する。大定上人に付弟となり明治4年入院、在職12年。大正13年(1924)寂、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android