コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名駅と栄地区

1件 の用語解説(名駅と栄地区の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名駅と栄地区

名駅地区はもともと沼地。1937(昭和12)年に旧国鉄の駅が現在の位置にできてひらけた。戦後は東海道新幹線が開業し、名古屋の玄関口として発展を遂げた。現在の歩行者数は1日1万6千人。栄地区は1877(明治10)年に愛知県庁が開庁。1910(明治43)年に松坂屋の前身となる「いとう呉服店」が百貨店を始め、政治や商業の中心地として発展してきた。現在の歩行者数は1日1万人。

(2012-12-23 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

名駅と栄地区の関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一チェンバレン若い人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone