コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐か喇海峡 とからかいきょう

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕吐噶喇海峡(とからかいきょう)


鹿児島県大隅(おおすみ)諸島と吐噶喇列島の間の海峡。屋久(やく)島南西岸と口之(くちの)島北東岸の間は幅約55km。口之島北東約14kmには平瀬(ひらせ)とよばれる岩礁群がある。日本海流本流が最大流速5ノットで東流する。東シナ海から太平洋側の港に抜ける船舶は気象条件の悪い大隅海峡を避け、この海峡を通ることが多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喇海峡
とからかいきょう

鹿児島県屋久(やく)島と吐喇列島口之島(くちのしま)の間にある幅約60キロメートルの海峡。北緯30度付近から30度14分の間に位置する。屋久島の属する熊毛(くまげ)郡と吐喇列島の属する鹿児島郡との境界をなしている。日本海流(黒潮)が北流したのち東シナ海に入り、再度、太平洋に出る水道で、水深200メートル以浅の地点や岩礁なども点在し、流れは速い。岩礁群は十島(としま)村に属し平瀬(ひらせ)とよばれ、最高点27メートルで灯標が置かれている。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吐か喇海峡の関連キーワード平瀬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android