コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐か喇海峡 とからかいきょう

2件 の用語解説(吐か喇海峡の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕吐噶喇海峡(とからかいきょう)


鹿児島県大隅(おおすみ)諸島と吐噶喇列島の間の海峡。屋久(やく)島南西岸と口之(くちの)島北東岸の間は幅約55km。口之島北東約14kmには平瀬(ひらせ)とよばれる岩礁群がある。日本海流本流が最大流速5ノットで東流する。東シナ海から太平洋側の港に抜ける船舶は気象条件の悪い大隅海峡を避け、この海峡を通ることが多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喇海峡
とからかいきょう

鹿児島県屋久(やく)島と吐喇列島口之島(くちのしま)の間にある幅約60キロメートルの海峡。北緯30度付近から30度14分の間に位置する。屋久島の属する熊毛(くまげ)郡と吐喇列島の属する鹿児島郡との境界をなしている。日本海流(黒潮)が北流したのち東シナ海に入り、再度、太平洋に出る水道で、水深200メートル以浅の地点や岩礁なども点在し、流れは速い。岩礁群は十島(としま)村に属し平瀬(ひらせ)とよばれ、最高点27メートルで灯標が置かれている。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吐か喇海峡の関連キーワード大隅大隅海峡大隅諸島鹿児島藩妙寿鹿児島鹿屋おおすみ弥五郎伝説の里鍛冶大隅陽侯麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone