向坂 正男(読み)サキサカ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

向坂 正男
サキサカ マサオ

昭和期の経済学者 日本エネルギー経済研究所会長;国際エネルギー政策フォーラム議長;原子力委員会委員。



生年
大正4(1915)年4月9日

没年
昭和62(1987)年8月3日

出生地
福岡県大牟田市

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部経済学科〔昭和13年〕卒

経歴
戦前は企画院、満鉄に勤務。戦後経企庁に入り、昭和37年総合計画局長に就任。41年辞職して日本エネルギー経済研究所を設立、所長となり、その後会長となる。56年から国際エネルギー政策フォーラム議長。他に電源開発調整審議会委員、原子力委員会委員、総合エネルギー調査会委員、石炭鉱業審議会委員などを兼任。著書に「エネルギー産業の将来地図」「2000年のエネルギー」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

向坂 正男 (さきさか まさお)

生年月日:1915年4月9日
昭和時代の経済学者。日本エネルギー経済研究所会長
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android