コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向島[町](読み)むかいしま

百科事典マイペディアの解説

向島[町]【むかいしま】

広島県御調(みつぎ)郡,向島西部を占め,西隣の岩子(いわし)島を含む旧町。本州四国連絡橋尾道〜今治ルート西瀬戸自動車道(しまなみ海道)が通じる。野菜,花卉(かき)のほか山地斜面ではミカン栽培が盛ん。漁業も行う。2005年3月御調郡御調町と尾道市へ編入。18.40km2。1万6734人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むかいしま【向島[町]】

広島県南東部,御調(みつぎ)郡の町。人口1万7616(1995)。尾道水道を隔てて尾道市の向いにある向島の西の過半部と,その西に浮かぶ岩子(いわし)島とからなる。向島は古代の歌島(うたのしま)郷(《和名抄》)の地に比定され,中世には大炊寮(おおいりよう)領歌島荘となっており,塩年貢を納めていた。南部の高見山(283m)を中心に丘陵や台地が広がるが北部は平地で,江戸時代には城下の豪商天満屋によって富浜塩田が開かれ,昭和30年代まで製塩業が続けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android